Sakura Sakura 様より


短期間の滞在では、本当の面ではなにもお手伝いができないなぁ、と思いながらの最終日、自転車をお借りしていたお店の方が、顔が見える状態で、言葉と言葉で頂く応援の気持ちが、物が送られて来るより嬉しいんですよと言っておられて、私の方がこころ温まる感じがしました。どうぞこれからも、たくさんの思いやりあふれる交流がありますように・・・

 写真は、大変なことがあっても、それでも光の方を向いて歩いて行く人のつよさを想って、
DSCN4304

[ 個別リンク | 2013年06月15日 ]

ツールバーへスキップ